住宅

土地を有効活用したいなら併用住宅がグッド

理想の生活を見出す場所

家

一戸建ては集合住宅よりも自由に暮らせる住まいです。特定の趣味を持っている方であれば、川西でそれを満喫できる一戸建てを手に入れてみましょう。例えば音楽が好きな方であれば隣家から離れている場所にある一戸建てを購入することで周りを気にせず楽器を演奏できます。

詳細を確認する

快適に暮らすために

スーツ

ベッドタウンとして栄え都心への通勤率も高いふじみ野市は、暮らしに便利な環境がいくつも揃っています。土地探しをゼロから始めるなら専門サイトを利用すると良く、希望に沿った物件を効率良く見つける事ができます。

詳細を確認する

住宅と店舗等との併用

男性

土地の有効活用

都心部など地価が高く有効的な土地利用が求められる地域では、併用住宅を建築する事例が多くみられます。併用住宅とは、住宅部分とは別に事業用の部分を有している建物のことで、具体的には、1階部分を店舗として活用しながら2階部分に住んでいるような住宅のことを指します。店舗用の土地を新たに準備する必要がありませんので、効率のいい建物を建てることができます。ただ、住宅部分と何を併用させるかが重要なポイントです。コンビニなどの24時間営業の店舗と併用させる場合には、居住環境が劣悪になりがちですので、いかにして事業部分と居住部分を切り分けるかが重要です。ただ、店舗が住宅とつながっていれば、それだけ店舗での対応が迅速にできるというメリットがあります。

賃貸住宅との併用

最近の併用住宅の特徴としては、賃貸住宅との併用が見られます。この場合には、併用住宅全体が居住用になりますので、居住環境は安定したものになるというメリットがあります。住宅を建て替える場合などに、それほど広い住居が必要ないのであれば、自分が住むところ以外を人に貸して、その家賃で生活していくという方法があります。事業用店舗と併用させる場合に比べると、安定した家賃収入を得ることができますし、年をとっても大家として住んでいればいいので、併用部分が無駄になりません。ただ、この場合には家賃収入で建築費を十分に賄えるかどうかをチェックする必要があります。事業の収支がきちんと回った上で、ある程度の利益を得ることが大切です。

家族で造る家

インテリア

注文住宅は建売住宅とは異なり、一から住人が造る家です。京都で注文住宅を手に入れる際は土地探しから始めてみましょう。注文住宅の建築を業者に依頼する場合、数ある業者の中から最も打ち合わせしやすい場所を探すことが大切です。

詳細を確認する